プロフィール

satsuki shibano (柴野さつき) : pianist (ピアニスト)

dsc_3715ed2thumbnailエリック・サティをはじめとする近代/現代ピアノ音楽のスペシャリスト。桐朋学園音楽科卒業。東京音楽大学ピアノ科演奏家コースで井口愛子に師事。卒業後に渡仏し、サティの研究家であり詩人でもあるピアニスト、J.J.バルビエに師事。同時にリムール市のコンセルヴァトワールにてピアノを教える。1981年にパリでデビュー・リサイタルを、翌1982年にファースト・アルバム『エリック・サティ』をリリース。帰国後は、サティの作品を演奏したCDを中心に発表するほか、アレクサンドル・スクリャービンのプレリュード曲集など多数のアルバム制作やコンサートを通じ、枠にとらわれない自由な演奏活動を展開している。

代表作はソロ・アルバム『うつろな空想~エリック・サティ・ピアノ・コレクション』、『アルバム・リーフ~ピアノ姫と7人の作曲家たち』など。2012年、サティのノクターンを中心に構成した『belle de nuit satsuki shibano / yoshio ojima』をリリース。

現在は演奏活動のほか、都内で大人を対象にしたプライベート・レッスンも行なっている。2012年、ピアノ教則本『サティで始める大人のためのピアノ・レッスン』(リットーミュージック)を発刊。

Having the distinction of releasing the 3rd Wave Notation series album where the first 2 were albums by Japanese ambient legends, Hiroshi Yoshimura and Satoshi Ashikawa, and also having lived in Paris to study under J. J. Barbier before her recording debut, Satsuki Shibano is not your ordinary, Japanese female pianist. She started her recording career in Japan as an Erik Satie specialist of modern/ contemporary piano based music when Satie’s influence and rediscovery was evident in the evolution of the now discovered golden era of Japanese ambient, environmental music that emerged in 1980s.

She regularly performs live as a solo artist as well as with her collaborator, Yoshio Ojima. She plays with an utmost free, transcendent demeanor during her concerts and in many of the albums that she has recorded over the years.