■[CD] Visible Cloaks, Yoshio Ojima & Satsuki Shibano – FRKWYS Vol. 15: serenitatem


Visible Cloaks, Yoshio Ojima & Satsuki Shibano
FRKWYS Vol. 15: serenitatem

ニューアルバム
2019年4月19日リリース

AMIP-0166
定価¥2,100(税抜価格)+ tax
レーベル : RVNG intl.
発売:Inpartmaint Inc.
CDのみボーナストラック”Toi (Tokyo Mix)”収録

現代アンビエントの最高峰Visible Cloaksと、日本の環境音楽/アンビエントを牽引して来た尾島由郎/柴野さつきによるコラボレーション作。

 

VINYL
Side A (33 RPM)
A1. Toi (5:51)
A2. Anata (2:31)
A3. You (4:58)
A4. Atelier (6:48)
A5. S’Amours ne fair par sa grace adoucir (Ballade 1) (2:31)
Side B (33 RPM)
B1. Lapis Lazuli (9:11)
B2. Stratum (7:12)
B3. Canzona per sonare no. 4 (6:36)

CD / DIGITAL
Toi (5:51)
Anata (2:31)
You (4:58)
Atelier (6:48)
S’Amours ne fair par sa grace adoucir (Ballade 1) (2:31)
Lapis Lazuli (9:11)
Stratum (7:12)
Canzona per sonare no. 4 (6:36)
Toi (Tokyo Mix) (9:28)

 

All music by Spencer Doran and Ryan Carlile (Visible Cloaks), Yoshio Ojima, and Satsuki Shibano, except “S’Amours ne fait par sa grace adoucir (Ballade 1)” by Guillaume de Machaut (1300–1377) and “Canzona per sonare no. 4” by Giovanni Gabrieli (1557–1612).

Recorded by Naoto Shibuya (PYXIE LLC) at Sounduno, Shibano’s atelier, December 2017 through early 2018 (Tokyo, Japan).
Additional recording and pre-production by Spencer Doran at Garden Studio (Portland, Oregon).
Mastering by Rashad Becker at Dubplates & Mastering (Berlin, Germany).

Piano Tuning: Takahiro Natori (Natori Piano, Tokyo, Japan)

Cover illustration by Molly Doran.
Stills from the serenitatem documentary, captured and produced by Pootee.
Design by Will Work for Good.

Project coordinator: Kensuke Hidaka

 

COME! MEND!
On behalf of Visible Cloaks, Yoshio Ojima, and Satsuki Shibano, a portion of the proceeds from this release will benefit Pink Ribbon, an international organization funding breast cancer research and awareness. pinkribbon.com — commendnyc.com

■ [Live] “Salon de Caresse” Yoshio Ojima & Satsuki Shibano@ CAFE BEULMANS

サロン・ド・カレス?  イエース!

「Salon de Caresse」とは、尾島由郎と柴野さつきが初のコラボレーションアルバムCaresse(1994年発表)リリース以来、90年代に数回にわたり続けていたクラブ・イベントです。今回はこの伝説のイベントが装いも新たにカフェブールマンに蘇ります。
海外で注目が集まる2人のユニットによるアンビエントなライブに加え、エリック・サティの大胆な新解釈を披露し等身大のサティ像に迫る皆さまおなじみの「エリック・サティ・エキセントリック・ライブ総集編+α」の、豪華2本立てです。

Hôte : 尾島由郎 (Yoshio Ojima):electronics & talk
Hôtesse : 柴野さつき (Satsuki Shibano):piano & talk

日程: 2019年1月14日(月・祝)
開場:14:30 / 開演:15:00 (2ステージ、入替無し、休憩あり)
会費:2,800円(ミュージックチャージ)+ 2ドリンクオーダー

場所:CAFE BEULMANS
   東京都世田谷区成城6-16-5カサローザ成城2F Tel 03-3484-0047

ご予約・お問い合わせ:CAFE BEULMANS

 

尾島由郎 (Yoshio Ojima)
一貫してアンビエントミュージック/環境音の世界を追求している音楽家。代表作はSpiralのための環境音楽集『Une Collection des Chainons I & II』『HandsSome』(Spiral)、柴野さつきとのコラボレーションアルバム『Caresse』(Spiral)、『Music for Element』『belle de nuit』(les disques des chainons)。最近ではヨーロッパを中心に過去のアルバムの評価が高まり、複数の海外レーベルよりリイシュー盤やコラボレーションアルバムのリリース計画が進んでいる。

柴野さつき (Satsuki Shibano)
エリック・サティをはじめとする近代/現代ピアノ音楽のスペシャリスト。桐朋学園音楽科卒業。東京音楽大学ピアノ科演奏家コースで井口愛子に師事。卒業後に渡仏し、サティの研究家でもあるピアニスト、J.J.バルビエに師事。多数のアルバム制作やコンサートを通じ、枠にとらわれない自由な演奏活動を展開している。最近では初期にレコーディングしたサティのピアノアルバムなどが海外で高く評価され、リイシュー盤やコラボレーションアルバムのリリース計画が始まっている。

 

■ [Live] Realistic Monk with Yoshio Ojima & Satsuki Shibano

-終了しました-

Realistic Monk with Yoshio Ojima & Satsuki Shibano

 

 

 

 

 

 

 

Live:
Realistic Monk
尾島由郎 & 柴野さつき

DJ:
荒井優作

日程: 2018年11月21日(水)
開場:19:00 / 開演:20:00
料金:予約 2,500円、当日 3,000円 (ドリンク別)
会場:スーパー・デラックス

問い合わせ・予約、詳しくはスーパー・デラックスの案内ページ

 

 

 

■ [Live] Huerco S. Live with Yoshio Ojima & Satsuki Shibano and Ultrafog

-終了しました-

Huerco S. Live with Yoshio Ojima & Satsuki Shibano and Ultrafog

 

Live:
Huerco S.
尾島由郎 & 柴野さつき
Ultrafog

DJ:
荒井優作
Refund
DJ Healthy

日程: 2018年5月17日(木)
開場:19:00 / 開演:19:00
料金:予約 2,500円、当日 3,000円 (ドリンク別)
会場:スーパー・デラックス

問い合わせ・予約、詳しくはスーパー・デラックスの案内ページ

 

 

 

■ [Live] 尾島由郎 Solo Live w/ 柴野さつき @ CAFE BEULMANS

-終了しました-

尾島由郎 Solo Live w/ 柴野さつき

尾島由郎 (Yoshio Ojima) electronics
ゲスト:柴野さつき (Satsuki Shibano) piano

日程:2017年12月16日(土)
開場:19:30 / 開演:20:00 (2ステージ、入替無し、休憩あり)
会費:3,000円(ミュージックチャージ)+ 2ドリンクオーダー

場所:CAFE BEULMANS
   東京都世田谷区成城6-16-5カサローザ成城2F Tel 03-3484-0047
ご予約・お問い合わせ:CAFE BEULMANS

 

尾島由郎 electronics
http://www.yoshioojima.com/
一貫してアンビエントミュージック/環境音の世界を追求している音楽家。代表作はSpiralのための環境音楽集『Une Collection des Chainons I & II』『HandsSome』(Spiral)、柴野さつきとのコラボレーションアルバム『Caresse』(Spiral)、『Music for Element』『belle de nuit』(les disques des chainons)。また、今年Chee Shimizu主宰の17853 Recordsよりリイシューされた吉村弘「Pier&Loft」の1983年オリジナル盤など、プロデュース作も数多い。
スパイラル(ワコールアートセンター)やリビングデザインセンターOZON、東京オペラシティ ガレリアを始めとする集客施設の環境音楽を多数制作し、サウンドデザインやサウンドシステムの開発にも関わる。一方、定村史朗、芳垣安洋、中島ノブユキ、フェビアン・レザ・パネ、大儀見元らとのノンジャンルな即興音楽のライブも多数行う。最近ではポートランド出身のエレクトロニクス音楽のデュオVisible Cloaksらによる再評価が高まり、複数の海外レーベルよりリイシュー盤や新アルバムのリリース計画が進んでいる。

 

柴野さつき piano
http://www.satsukishibano.com/
エリック・サティをはじめとする近代/現代ピアノ音楽のスペシャリスト。桐朋学園音楽科卒業。東京音楽大学ピアノ科演奏家コースで井口愛子に師事。卒業後に渡仏し、サティの研究家であり詩人でもあるピアニスト、J.J.バルビエに師事。多数のアルバム制作やコンサートを通じ、枠にとらわれない自由な演奏活動を展開している。師バルビエと共に監修をつとめた楽譜集『エリック・サティ:ピアノ曲集』(全4冊、音楽之友社)を始めとして、楽譜『ニュー・スタンダード・ピアノ曲集:サティ ピアノ作品集』(音楽之友社)、ピアノ教則本『サティで始める大人のためのピアノ・レッスン』(リットーミュージック)を発表。最新作は、今まで前奏曲しか演奏されることのなかった未発表の大曲エリック・サティ『星たちの息子・全曲版』日本初のスタジオレコーディング盤をリリース。最近では初期にレコーディングしたサティのピアノアルバムなどが海外で高く再評価されている。

 

 

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存