■ [Live] Visible Cloaks, Yoshio Ojima & Satsuki Shibano – serenitatem – World Premiere Live in Japan 2019

Visible Cloaks, Yoshio Ojima & Satsuki Shibano – serenitatem – World Premiere Live in Japan 2019

ニューエイジ再興から呼び起こされる環境音楽の和。NYの名門〈RVNG Intl.〉のコラボレーション・シリーズ「FRKWYS」にて実現した現代アンビエントの最高峰Visible Cloaks、日本の環境音楽/アンビエントを牽引して来たサウンド・アーティスト尾島由郎とピアニスト柴野さつきによる共同作品「FRKWYS Vol. 15: serenitatem」のワールド・プレミア公演が東京(全席座り)と大阪で開催。また東京公演では日本の”環境音楽”にフォーカスを当てたコンピレーションを監修したSpencer Doran (Visible Cloaks)がオープニングDJを務める。

 

東京
6/5 Wed at WWW Shibuya
OPEN/START 19:30
ADV/DOOR ADV ¥5,000 (Limited to 150 seats)
LINE UP LIVE: Visible Cloaks, Yoshio Ojima & Satsuki Shibano
    Opening DJ: Spencer Doran – 環境音楽 set –
TICKET Resident Advisor/ e+
MORE INFORMATION https://www-shibuya.jp/schedule/011077.php

 

大阪
6/8 Sat at Conpass Osaka
OPEN/START 19:00
ADV ¥4,200+1D / DOOR ¥4,900+1D
LINE UP LIVE: Visible Cloaks, Yoshio Ojima & Satsuki Shibano
    Opening DJ: 江村幸紀 [EM RECORDS]
TICKET Livepocket/ e+
MORE INFORMATION https://www.newtone-records.com/event.php?eid=845

 

ビジブル・クロークス (Visible Cloaks)
ポートランドを拠点に活動するSpencer DoranとEternal TapestryのRyan Carlileによるユニット。2014年にSun Arawのレーベルから作品を発表し、2017年にRVNG Intl.よりフィジカルの作品として3作目になる『Reassemblage』を発表しPitchforkで”BEST NEW MUSIC”に選出されなど大きな注目を集める。2017年12月に初の日本ツアーを成功させ、2019年6月にはFFKTフェスへの出演が決定している。

 

尾島由郎 (Yoshio Ojima)
一貫してアンビエントミュージック/環境音の世界を追求している音楽家。代表作はSpiralのための環境音楽集『Une Collection des Chainons I & II』『HandsSome』(Spiral)、柴野さつきとのコラボレーションアルバム『Caresse』(Spiral)、『Music for Element』『belle de nuit』(les disques des chainons)。最近ではヨーロッパを中心に過去のアルバムの評価が高まり、複数の海外レーベルよりリイシュー盤やコラボレーションアルバムのリリース計画が進んでいる。

 

柴野さつき (Satsuki Shibano)
エリック・サティをはじめとする近代/現代ピアノ音楽のスペシャリスト。桐朋学園音楽科卒業。東京音楽大学ピアノ科演奏家コースで井口愛子に師事。卒業後に渡仏し、サティの研究家でもあるピアニスト、J.J.バルビエに師事。多数のアルバム制作やコンサートを通じ、枠にとらわれない自由な演奏活動を展開している。最近では初期にレコーディングしたサティのピアノアルバムなどが海外で高く評価され、リイシュー盤やコラボレーションアルバムのリリース計画が始まっている。